1/13(土)~2/2(金)期間限定上映 シネマ歌舞伎「京鹿子娘五人道成寺/二人椀久」

女方の美と華やかさ溢れる大曲と、儚い恋を描く名作の豪華二本立て

シネマ歌舞伎「京鹿子娘五人道成寺/二人椀久」
1月13日(土)~2/2(金)期間限定上映

公式サイト:http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/37/
<シネマ歌舞伎だから観られる特別映像の収録>

玉三郎ら出演者が、『道成寺』にかける思いを語るインタビュー、
普段みることのできない舞台裏の様子を捉えた特別映像も本編に盛り込んで
上映いたします。

料金:一般¥2,100/学生・小人¥1,500
※特別興行の為、各種割引や招待券、メンバーズカード無料回はご利用いただけません。

「オトトキ」1/13(土)~1/26(金)期間限定上映

2016年5月の再集結から、全42公演、36万人を動員した
1年間の4人プレイに密着。


「オトトキ」
2018年1月13日(土)~1月26日(金)期間限定上映
公式サイト:http://theyellowmonkey-movie.jp/
1992年のデビュー以来、数々のヒット曲を生み出し、
シングル・アルバム合わせて1,000万枚以上のセールスを記録、
2001年に活動を休止した日本を代表するロックバンド、
THE YELLOW MONKEY。

その彼らの活動休止から15年。
2016年に再集結し、全42公演、36万人動員のツアーで見事な復活を遂げる。

なぜ今彼らは再集結したのか?
「イエローモンキーはもう一生解散しない」、吉井和哉の言葉は本当なのか?

ロックバンドを続けるとはどういうことなのか?

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともに
THE YELLOW MONKEYの記録を新進気鋭の映画監督、松永大司が切り取る。

1月は“坂本龍一特集”お見逃しなく!


©2017 SKMTDOC,LLC

1月13日(土)~1/26(金)期間限定上映
「Ryuichi Sakamoto:CODA」
料金:通常料金

公式サイト:http://ryuichisakamoto-coda.com/
「全てをさらけ出した」 2012年から5年間という長期間に渡る密着取材によって実現。
さらにアーカイブ素材、貴重なプライベート映像も映画を彩る―。



©KAB America Inc./SKMTDOC,LLC
1月27日(土)~2/9(金)期間限定上映
「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async」
料金:一律¥2,500
公式サイト:http://liveviewing.jp/contents/sakamotoasync/
※特別興行の為、各種割引、招待券、メンバーズ無料回はご利用いただけません。
予めご了承ください。
世界的に活躍する音楽家・坂本龍一が2017年にニューヨークで開催したパフォーマンスの模様を収めたライブムービー。14年に中咽頭がんと診断され、1年に及ぶ闘病生活を経て、17年春に8年ぶりのオリジナルアルバム「async」をリリース。アルバムのリリースを記念し、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで2日間にわたるライブを開催。1公演につき観客が100人のみという幻のライブの模様を「ロスト・イン・トランスレーション」の共同プロテューサーを務め、ドキュメンタリー映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」も手がけたスティーブン・ノムラ・シブル監督が映像化した。

1/27(土)~2/23(金)期間限定上映「この世界の片隅に」

「この世界の片隅に」
1/27(土)~2/23(金)期間限定上映

© こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも
前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。
2016年11月に公開され、15週連続で興行ランキングのトップ10入りし、
今もなお
ロングラン上映中の話題作です。

特別料金:一般¥1,100/小人(3歳~高校生)¥1,000
公式サイト:http://konosekai.jp/

「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」期間限定上映決定!

高校生が吹奏楽に打ち込む姿を真摯に描いたTVアニメ『響け!ユーフォニアム』。
そのTVシリーズ第2期を、本作で初めて監督をつとめる小川太一が
「久美子とあすか」を
軸に再構築。

「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」
2017年11月18日(土)~12月1日(金)期間限定上映
<公式HP>
http://anime-eupho.com/