イベント詳細

  • Date:
  • カテゴリ:

◇会期 平成29年9月20日(水)~26日(火)※最終日4時閉場
◇会場 本店6階・ギャラリー井上 (西ホール)

ギャラリー井上では、道釈画家、七類堂天谿(しちるいどうてんけい)展を開催いたします。
日本人として初めてスペイン国立プラド美術館に作品が永久収蔵されるなど、その活躍が目覚しい七類堂天谿氏。
天谿氏の描く道釈画は雪舟以来の水墨画の正統を守るものであり、その芸術性の高さは、京都五山の一つで雪舟にゆかりの深い相国寺派管長、有馬頼底老師が画賛を入れるなど、宗派を問わず日本の仏教文化の有識者にも高い評価を受けています。
平成24年には相国寺承天閣美術館にて国内初の大規模な個展を開催。また平成26年から、栄西が開山した京都最古の禅寺、建仁寺塔頭「両足院」本堂の襖絵72枚を手掛けています。(平成31年完成予定)
雪舟没後五百年に見事に甦った水墨画法・・・、名実共に第十七世「雪舟」の号を認められた七類堂天谿の作品を展示いたします。